fbpx    

カウンセラーなどのお悩み解決系起業家に共有してもらえそうな解決のヒントをお届けしてまいります。

カウンセラー専門集客コンサルタント+HP制作 
鈴木智夫のブログ

  • Home
  • ブログ一覧
  • 意外と使える!?ダジャレベースのホームページタイトル・キャッチコピー

意外と使える!?ダジャレベースのホームページタイトル・キャッチコピー

2019.1.15

意外と使える!?ダジャレベースのホームページタイトル・キャッチコピー

タイトルどうやって決めてますか?

このブログを読んでいただいてるのは、
何かしらの商売をされている方だと思いますが、

ブログを書いたり、何かしらのセールスレターを書いたりされてますでしょうか。

そのときに「タイトル」ってどうやって決めてますか?

僕のお伝えしているやり方

僕がコンサルでお伝えしてるやり方は

タイトルに入ってると良い要素として、

・ターゲットが誰か分かる

・手に入るものが分かる

・ターゲットが検索しそうな検索キーワードが含まれている

ということをお伝えしています。

ダジャレベース

で、職業柄、普段の生活で
「本」や、「電車の中吊り広告」、「テレビCM」など

「タイトル」や「キャッチコピー」にはつい目が(耳が)行ってしまうんですが、

よく思うのは、

「意外とダジャレベースなのがキャッチーだよね」

ってこと。

例えば、、、

どういうことかというと、、

例えば、をご紹介しますね。

 

「インテル、入ってる」-インテル

「セブンイレブン、いい気分」-セブンイレブン

「あなたとコンビに」-ファミリーマート

「目のつけどころがシャープでしょ。」-シャープ

「一目で義理とわかるチョコ」-ブラックサンダー 義理チョコパッケージ(有楽製菓)

「あしたのもと AJINOMOTO」-味の素

「タビナシ人生は、シナビタ人生だ」 -JTB

、、、

 

さすがに、ここまでメジャーな例だと、
「ふとんがふっとんだ」級の
ベタなダジャレではありませんが

ダジャレ的な要素が入ってますよね。。
(韻の踏み方というか。)

 

僕なんかはもう、
放っといてもダジャレが頭に浮かんでしまうんですが、、、
(口には出さないようにしてます)

そのダジャレ的要素だって、洗練させれば意外と捨てたもんじゃないよ、

っていう、半分、自分応援ブログ、となりました。。

 

あなたも、ぜひ、良いタイトルを考えてみてください。

 

では。また。

 

 



このブログを書いた人

鈴木智夫|あだちWEBサポートセンター代表|WEBエンジニア・マーケティングコーチ

鈴木智夫 あだちWEBサポートセンター代表/WEBエンジニア・マーケティングコーチ

プログラマー、システムエンジニアを10年経験後、デザインを学び、デザイナブルなホームページを数十サイト作るも、売上に貢献したサイトは0(ゼロ)
ところが、あるポイントに気がつき、広告に頼らない「自然検索」で上位表示し、かつ、高成約率(高反応率)で集客・売上に貢献する、再現性のある仕組み化(テンプレート化)に成功。サポートした会社・個人事業主は、業界トップクラスの収益をあげている。
その後、足立区への引越しや、妻の出産を機に、私たち大人が、「好きなことを一生懸命やって成功したよ。」と背中で語れ、それを見た子供たちも、「僕も・私もそうしよう!」と思ってもらえる未来創出を決意し、2016年起業。
現在は、「家族とお金」をテーマに、時間とお金、両方を手に入れたい1人型起業家のサポートをしている。

詳しくはこちら

ブログ検索



最近の投稿

  • 先着10名限定無料【自己紹介の作り方】ホームペー... New

    詳しく読む
  • 「見込み客」ではなく「営業」電話が!これって良い...

    詳しく読む
  • 【鈴木の告白】○○の力で好きなことを全力でやり続...

    詳しく読む
  • 自分のルーツを知る、ことで、自分が強くなれる!?...

    詳しく読む

About

新潟県加茂市出身 プログラマー→システムエンジニア→WEBデザイナー→WEBマーケッターを経て、2016年に独立。集客疲れ・売り込み苦手な1人型起業家に対し、集客できて、高成約率(高反応率)で売上に貢献するWEB集客の方法、考え方、売り込まないで売れるセールスの仕方 をお教えしています。

もし、あなたが、、、 「アクセス数にやっきになるのではなく、来ていただいたお客さんとの関係性構築・顧客教育を通じて高成約率でセールスできるWEB集客の仕組みを手に入れ、自分自身の高価値化、そして、お客さんの問題解決に貢献していきたい。」とお考えなら、ぜひ、7ステップ無料メール講座をご購読いただきたいと思います。