fbpx    

カウンセラーなどのお悩み解決系起業家に共有してもらえそうな解決のヒントをお届けしてまいります。

カウンセラー専門集客コンサルタント+HP制作 
鈴木智夫のブログ

AI時代のホームページ運用に必要なこと

2018.12.24

AI時代のホームページ運用に必要なこと

AIに職業を奪われる?

最近、AIに関する記事やテレビ番組をよく目にします。

囲碁、将棋ではもうAIに勝てない、とか
AIに職業を奪われるんじゃないか、とか
言われたりします

、、、

が、

AIが苦手なこと

AIにも不得意なことがあるそうです。

それは、、、

「突発的な判断」

AIは、突発的に起る様々な問題に対して
解決策を提示し、判断するといった事は
とても苦手で、まだ不完全なんだそうです。

ピコピコプルプル山とエベレスト山?

例えば、
「エベレストは世界で最も高い山である。」

という事実が与えられたときに

「ピコピコプルプル山はエベレストより低い」

ということが判断できないそうです。

人間の判断

人間だったら、

「ピコピコプルプル山?
そんな山知らんけど、
エベレストが世界で一番高い山なんだから、
それ以外の山は、エベレストより低いわな」

と判断できますが、

AIの判断

AIは

自分のデータベースから
ピコピコプルプル山の高さを検索し、
その高さと、エベレスト山の8,848mを比較し
判断しようとします。

ですので、ピコピコプルプル山の高さがわからないと
(そんな山、存在しないんですが)
推論ができないわけです。

人間に残されたフロンティア

つまり、まだ起こってないことを想像し、
推論する、理解する、

突発的な出来事に遭遇したときに、
推論・理解し、的確な判断をする。

ここは(まだ)人間に残されたフロンティアなわけです。

ホームページ運用でも、、、

ホームページのブラッシュアップでも、

「PDCA」、つまり、
Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)
を繰り返し、成約率を少しずつあげていく

もしくは
「EAチェーン」、つまり、
E(Experiment:実験)とA(Adapt:適用)
を素早く繰り返し、推論と考察から成約率をあげていく

ということをやるのですが、

ホームページを作って終わり、
ということではなく、

アクセス解析ベースで、
状況を推論、理解し、
的確なブラッシュアップを続けていく

ということがこれからのAI時代、
ますます大切になってくると思います。

 

あなたは、HPのブラッシュアップ、
適切に行っていますか?

 

では。また。


カテゴリー: HP制作 高価値化

このブログを書いた人

鈴木智夫|あだちWEBサポートセンター代表|WEBエンジニア・マーケティングコーチ

鈴木智夫 あだちWEBサポートセンター代表/WEBエンジニア・マーケティングコーチ

プログラマー、システムエンジニアを10年経験後、デザインを学び、デザイナブルなホームページを数十サイト作るも、売上に貢献したサイトは0(ゼロ)
ところが、あるポイントに気がつき、広告に頼らない「自然検索」で上位表示し、かつ、高成約率(高反応率)で集客・売上に貢献する、再現性のある仕組み化(テンプレート化)に成功。サポートした会社・個人事業主は、業界トップクラスの収益をあげている。
その後、足立区への引越しや、妻の出産を機に、私たち大人が、「好きなことを一生懸命やって成功したよ。」と背中で語れ、それを見た子供たちも、「僕も・私もそうしよう!」と思ってもらえる未来創出を決意し、2016年起業。
現在は、「家族とお金」をテーマに、時間とお金、両方を手に入れたい1人型起業家のサポートをしている。

詳しくはこちら

ブログ検索



最近の投稿

  • 先着10名限定無料【自己紹介の作り方】ホームペー...

    詳しく読む
  • 「見込み客」ではなく「営業」電話が!これって良い...

    詳しく読む
  • 【鈴木の告白】○○の力で好きなことを全力でやり続...

    詳しく読む
  • 自分のルーツを知る、ことで、自分が強くなれる!?...

    詳しく読む

About

新潟県加茂市出身 プログラマー→システムエンジニア→WEBデザイナー→WEBマーケッターを経て、2016年に独立。集客疲れ・売り込み苦手な1人型起業家に対し、集客できて、高成約率(高反応率)で売上に貢献するWEB集客の方法、考え方、売り込まないで売れるセールスの仕方 をお教えしています。

もし、あなたが、、、 「アクセス数にやっきになるのではなく、来ていただいたお客さんとの関係性構築・顧客教育を通じて高成約率でセールスできるWEB集客の仕組みを手に入れ、自分自身の高価値化、そして、お客さんの問題解決に貢献していきたい。」とお考えなら、ぜひ、7ステップ無料メール講座をご購読いただきたいと思います。